箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

ジオツアー体験記

2013年08月22日(木)

南足柄市からの参加者(矢野勝大さん)

「ジオパークの日記念!夏休みに家族で箱根ジオツアーin真鶴半島」

 

(矢野勝大さん)

 子供たちの夏休みに、自然とふれあう機会を持てること、そして専門の知識を持った方がついて教えていただけることから、申込みさせていただきました。以前から、会場になった三石海岸は子供たちを連れて行っていたのですが、その時と比べると、今回は専門の方がお話しくださり、何倍も密度の高い体験ができたと思いますし、実際、子供たちの反応も全然違い大喜びでした。

 「ジオパーク」という呼び名は、報道などで聞きかじっていたのと“ジオ”から想像して勝手に地学的な印象を持っていました。しかしお話を聞き、一部としては間違っていなかったものの、それだけでなく、「箱根地域の自然・歴史・文化に理解を深める」とあり、なるほど、まず地質から自然がつくられて、人が生まれて歴史を刻み、それが文化にまで成長するのか、そしてそれを知るとても欲ばりな活動なのだと理解しました。また、私の場合は、これが自分の暮らす地域なのだと実感し、恵まれていると思うのと同時に、まだわからないかもしれませんが、いずれ子供たちともこの価値観を共有したい、「地域への愛着や自然保護、安全に暮らせる環境へ関心」をもってもらいたいと思いました。

 ジオパークの取り組みは、地元にとっては地域再発見のとても良いきっかけになると思いました。スタッフの皆さんのご尽力に心より感謝申し上げます。また今後もできる限り応援させていただきます。

2013/08/22 14:20 | 真鶴エリア