箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

H3 神山と流れ山(かみやまとながれやま)

Mt. Kamiyama and Hummocky Hills

ジオサイト解説

神山は箱根火山後期中央火口丘(※1)の1つで、箱根の最高峰をなす成層火山です。最新の活動は約3000年前で、北側が大きく崩壊し、馬蹄形カルデラを形成し、崩壊物は岩屑なだれとなって早川をせき止めて、現在の芦ノ湖を形成しました。崩壊物が堆積した姥子周辺には、山体の巨大な破片である岩塊が突出した船見岩、金太郎岩、望湖石などの「流れ山」の地形が見られます。
神山は中央火口丘のひとつで、箱根山中で最も高く、隣接する駒ヶ岳とともに古くから信仰を集めた山です。毎年10月24日に駒ヶ岳山頂で執り行われる「御神火祭」は、まさにこの神山を神籬として真正面に拝するもので、神山をご神体として崇める山岳信仰の形を今に伝えています。

※1 中央火口丘:カルデラの中にできた比較的小さな火山体のこと。

Debris formed by the collapse of Mt.Kamiyama about 3000 years ago blocked the Hayakawa River and Lake Ashinoko was formed.
Large rocks, such as Funami-iwa and Kintaro-iwa near Ubako, are chunks of collapsed mountain that surfaced on the debris deposit.

<解説板の内容が閲覧できます>

日本語 / English / 中文(繁体字) / 中文(簡体字) / Korean

アクセス

代表的な見どころとして、
箱根登山電車「箱根湯本」駅から
伊豆箱根バス「湖尻・箱根園」行き「大石」下車

船見岩
箱根ロープウェイ「姥子」駅から徒歩

神山
箱根ロープウェイ「大涌谷」駅からハイキングコース利用