箱根ジオパークへようこそ(箱根・小田原・真鶴・湯河原・南足柄)

北と南をつなぐ自然のみち 東と西をつなぐ歴史のみち 箱根ジオパーク

サイト内検索

文字サイズ

箱根ジオパーク

 ジオパークとは?

ジオパークは、地球活動の遺産を主な見どころとする自然の中の公園です。
2004年にユネスコの支援により設立された世界ジオパークネットワークにより、世界各国で推進されています。
ジオパークは、以下のように定められています。

  1. 地域の地史や地質現象がよくわかる地質遺産を多数含むだけでなく、考古学的・生態学的もしくは文化的な価値のあるサイトも含む、明瞭に境界を定められた地域である。公的機関・地域社会ならびに民間団体によるしっかりした運営組織と運営・財政計画を持つ。
  2. ジオツーリズムなどを通じて、地域の持続可能な社会・経済発展を育成する。
  3. 博物館、自然観察路、ガイド付きツアーなどにより、地球科学や環境問題に関する教育・普及活動を行う。
  4. それぞれの地域の伝統と法に基づき地質遺産を確実に保護する。
  5. 世界的ネットワークの一員として、相互に情報交換を行い、会議に参加し、ネットワークを積極的に活性化させる。

 世界ジオパーク

世界ジオパークには、ヨーロッパやアジアを中心にオセアニアや南米を含む世界各国の地域が認定されています。
日本国内の認定には、日本ジオパークの中から、日本ジオパークネットワークの推薦を受けた上、世界ジオパークネットワークの審査を受けなければなりません。なお、日本国内の世界ジオパークの認定地域は次のとおりです。

認定年

世界ジオパーク認定地

 2015(平成27年)1地域

アポイ岳(北海道)

 2014(平成26年)1地域

阿蘇(熊本県)

 2013(平成25年)1地域

隠岐諸島(島根県)

 2011(平成23年)2地域

室戸(高知県)

 2010(平成22年)1地域

山陰海岸(兵庫県、京都府、鳥取県)

 2009(平成21年)3地域

洞爺湖有珠山(北海道)、糸魚川(新潟県)、島原半島(長崎県)

 日本ジオパークネットワーク

日本ジオパークは、日本ジオパーク委員会が認定する国内のジオパークです。
認定には、日本ジオパークネットワークの審査があり、教育プログラムやジオツアーなど、ジオパークとしての様々な活動が求められます。

認定年

日本ジオパーク認定地

2016(平成28年)5地域

箱根(神奈川県)※エリア拡大下北(青森県)、筑波山地域(茨城県)、浅間山北麓(群馬県)、鳥海山・飛島(山形県)

2015(平成27年)3地域

Mine秋吉台(山口県)、三島村・鬼界カルデラ(鹿児島県)、栗駒山麓(宮城県)

2014(平成26年)5地域

とかち鹿追(北海道)、立山黒部(富山県)、南紀熊野(和歌山県)、天草(熊本県)、苗場山麓(新潟県)

2013(平成25年)7地域

三笠(北海道)、三陸(青森県・宮城県・岩手県)、佐渡(新潟県)、四国西予(愛媛県)、おおいた姫島(大分県)、おおいた豊後大野(大分県)、桜島・錦江湾(鹿児島県)

2012(平成24年)5地域

八峰白神(秋田県)、ゆざわ(秋田県)、銚子(千葉県)、箱根(神奈川県伊豆半島(静岡県)

2011(平成23年)6地域

男鹿半島・大潟(秋田県)、磐梯山(福島県)、茨城県北(茨城県)、下仁田(群馬県)、秩父(埼玉県)、白山手取川(石川県)

2010(平成22年)3地域

霧島(宮崎県・鹿児島県)、伊豆大島(東京都)、白滝(北海道)

2009(平成21年)4地域

恐竜渓谷ふくい勝山(福井県)、隠岐(島根県)、阿蘇(熊本県)、天草御所浦(熊本県)

2008(平成20年)7地域

洞爺湖有珠山(北海道)、糸魚川(新潟県)、島原半島(長崎県)、山陰海岸(兵庫県、京都府、鳥取県)、アポイ岳(北海道)、南アルプス(長野県)、室戸(高知県)

 箱根ジオパーク

箱根ジオパークは、箱根山を中心とした神奈川県西部の2市3町(小田原市箱根町真鶴町湯河原町南足柄市)で構成されています。

その箱根山のふもとに広がる1市3町は、首都圏からわずか90Kmにかかわらず豊かで美しい四季に彩られ、古くから地域文化・産業が栄えてきた地域です。

 箱根ジオパークの特徴

エリアの特徴

自然と歴史のテーマパーク

箱根火山はフィリピン海プレートの東縁に形成された伊豆・小笠原弧の北端部に位置しています。

箱根火山活動は、太平洋プレートがフィリピン海プレートの下に沈み込んだことによって地下深くでできたマグマが地表に現れたものです。

なだらかな地形の裾野と急崖のカルデラをつくる外輪山、火山の中央部に並ぶ中央火口丘などは、多数の成層火山や単成火山、溶岩ドームからなる複合火山でありそれぞれの火山から噴出した溶岩流や火山灰などは、独特の火山地形をつくりだしています。

火山体を深く削って流れる河川は、深山幽谷の渓谷をつくりし、箱根火山が面する相模湾沿岸は、魚種も豊富で古くから漁業が盛んであり、一方、山間部には箱根に固有の植物や、箱根の名がつく動植物が生息し、豊かな自然環境に恵まれています。

この地域に所在する温泉は、古くから知られ、人々は火山の恵み、いわゆるジオの恵みを享受しています。


複雑な形成史を有する世界的にユニークな火山、地域固有の動植物

地質構造

火山の恵みである豊富な温泉地域、地質構造

火山の恵みである豊富な温泉地域

相模湾に面し様々な動植物が生息する地域

相模湾に面し様々な動植物が生息する地域

歴史のある古くから地域文化・産業が栄えてきた地域

古くから地域文化・産業が栄えてきた地域

北と南をつなぐ自然のみち 東と西をつなぐ歴史のみち

A Natural Road Connecting North and South


箱根の北には丹沢山地、南には伊豆半島があり、豊かな自然が続いています。
そして、箱根を通る東海道は古代から東と西の文化をつないできました。箱根は、自然と歴史のみちの交差点です。 

北と南をつなぐ自然のみち

北と南をつなぐ自然のみち

東と西をつなぐ歴史のみち

東と西をつなぐ歴史のみち


※史跡、自然公園

国指定史跡

元箱根石仏石塔群箱根関所跡箱根旧街道小田原城址石垣山

県指定史跡

石橋山古戦場のうち与一塚及び文三堂、土肥椙山厳窟、 土肥一族の墓場

天然記念物

早川のビランジュ、箱根仙石原湿原植物群落、 小田原高等学校の樹叢、中津層群神沢層産出の脊椎動物化石、 ハコネサンショウウオ、ウメボシイソギンチャクほか

県立自然公園

真鶴半島自然公園奥湯河原自然公園

ウメボシイソギンチャク

ウメボシイソギンチャク


 箱根ジオパークのめざすもの

【教育】
地域の総合的な学習の場の創出
箱根ジオパークを通じて、地域の自然・歴史・文化についてもより理解が深まり、地域への愛着や自然保護、安全に暮らせる環境への関心を高めます。
【観光】
観光振興の推進
広域連携の仕掛けで、自然・歴史・文化を含めた地域の再発見を促すとともに、滞在型観光を視野に入れた観光産業の振興を図ります。
【地域振興】
住民参加型地域振興の推進
多様な興味や関心を持つ人々が満足する資源を発掘・提供し、名産品、ガイドブックなどの開発・販売促進により、地域振興を図ります。
いいね
Google Plus
Twitter
はてブ
LINEでシェア


 箱根ジオパーク推進協議会員

<
>

箱根ジオパーク推進協議会事務局

〒250-0398 神奈川県足柄下郡箱根町湯本256 箱根町役場 企画観光部 企画課 ジオパーク推進室

TEL0460-85-9560

FAX0460-85-7577

※箱根ジオパークに関する疑問や質問も受付をしています。お気軽にお問合せください。

© 2013 箱根ジオパーク推進協議会, All rights reserved.