箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

H4 駒ヶ岳(こまがたけ)

Mt. Komagatake

ジオサイト解説

駒ヶ岳の山頂はカヤト(※1)となっていて、四方の風景が観察できる場所です。またハコネコメツツジなどの風衝岩場の植物群落も見られます。山体は緑に覆われていますが、地形をよく観察すると溶岩流が何枚も見え、この山が度重なる噴火によって、徐々にできてきたことがわかります。
中央火口丘(※2)のひとつで、山頂付近には「馬降石」や「馬乗石」などの降臨伝説に基づく祭祀遺跡が点在しており、神山と共に古くから信仰を集めていた霊地であったことがうかがえます。

 

※1カヤト:山の中で萱(かや)が広がっている開けた場所のこと。

※2中央火口丘:カルデラの中にできた比較的小さな火山体のこと。

At the base of the Komagatake, one of the central cones(※2), you can see plants such as Rhododendron tsusiophyllum that thrives in windy rocky areas.
The base of Komagatake is covered with greenery, but several lava flows that form the mountain can be recognized if you study the morphology.
At the top of the mountain are remains of ancient worship sites, such as “the Bakoseki” rock, where god is said to have descended to earth.

※2central cones:A compartively small volcanic body formed in a crator.

<解説板の内容が閲覧できます>

日本語 / English / 中文(繁体字) / 中文(簡体字) / Korean

用語解説

箱根神社の元宮
箱根神社の元宮

奈良時代、この里宮として萬巻上人によって開かれたのが箱根神社です。現在、駒ヶ岳山頂には箱根神社の元宮が祀られ、神山を拝する拝殿としての役割を果たしています。
(提供:箱根町観光協会)


アクセス

箱根園から駒ヶ岳ロープウェイ「駒ヶ岳山頂」下車