箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

H7 芦ノ湖(あしのこ)

Lake Ashinoko

ジオサイト解説

約3000年前、中央火口丘(※1)の一つである神山が噴火した時に山体崩壊(※2)をおこし、カルデラ(※3)内にあった大きな湖に流れ込むと同時に、早川をせき止めた結果できた湖です。早川の水源となっています。湖水面の標高は、約720m。湖の西側は外輪山の内側のカルデラをつくる急峻な地形が、東側には中央火口丘から流れ出た溶岩(※4)類を見ることができます。
コイ科の魚であるウグイにはトリボロドン・ハコネンシスという学名がついていますが、hakoneが学名に含まれているのは芦ノ湖産の標本に基づいて名づけられたためです。
芦ノ湖には九頭竜が棲むと伝えられ、箱根権現を開いた萬巻上人によって鎮められたといわれています。それ以後、芦ノ湖は箱根神社の御手洗池として利用され、毎年開かれる湖水祭には三斗三升三合の赤飯が、箱根神社の宮司の手によって捧げられています。
芦ノ湖の水は、もともとは早川に流れ出していましたが、江戸時代に箱根用水が完成してからは、専らそちらで利用されるようになりました。

 

※1 中央火口丘:カルデラの中にできた比較的小さな火山体のこと。

※2 山体崩壊:山の形が変わるような大きな崩壊現象のこと。成層火山で生じることが多い。

※3 カルデラ:火山にある火口(直径数十~数百m)より大きな凹地形の総称。成因とは無関係で、火山活動以外で形成されたものもある。通常閉じた円形であるが、一方向に開いた馬蹄形のものもある。

※4 溶岩:マグマがバラバラに飛び散らずに地表に流れ出たもの。高温で液体のものと、冷え固まって固体のもの、両方に使う。

It is thought that the present shape of Lake Ashinoko developed around 3000 years ago. Its west side is defined by the steep slope of the caldera(※3) wall, and its east side by lava(※4)flows of younger mountains such as Mt. Kamiyama and Mt. Komagatake.
A legend says that a high priest named "Mann-gan Shonin" ("mann-gan" means “many books”) called on the god Hakone Gon-gen to appease the 9-headed dragon living in the lake. Since then, Lake Ashinoko has been a sacred lake of Hakone-jinja Shrine.

 

※3 caldera:General term of negative landform which is bigger than volcanic crator which diameter is within hundreds of meters.This landform is made from any causes including   volcanic movement.   Its shape is normally closed circle  but sometimes open horseshoe shape.

※4 lava:We call Lava when magma reaches the surface and flows without being scattered in pieces. Both hot liquid form and solid form after cool down are called lava.

キッズジオパーク

芦ノ湖(あしのこ)

箱根(はこね)の山の頂上(ちょうじょう)にある、湖(みずうみ)の美(うつく)しい景色(けしき)は、古(ふる)くからたくさんの歌(うた)や紀行文(きこうぶん)(昔(むかし)の旅行記(りょこうき))に紹介(しょうかい)されている名所(めいしょ)です。この湖(みずうみ)が「芦ノ湖(あしのこ)」と呼(よ)ばれるようになったのは、水辺(みずべ)に芦(あし)がたくさん生(は)えていたからといわれています。
鎌倉時代(かまくらじだい)のはじめに書(か)かれた本(ほん)には、すでに「芦ノ海(あしのこ)」の名前(なまえ)がのっています。明治時代(めいじじだい)より前(まえ)には、「湖(みずうみ)」という漢字(かんじ)は「うみ」と読(よ)み、「海(うみ)」と同(おな)じように、「水(みず)がたくさんあるところ」という意味(いみ)を持(も)っていました。
季節(きせつ)にあわせて、美(うつく)しい自然(しぜん)の風景(ふうけい)を映(うつ)す芦ノ湖(あしのこ)は、今(いま)も昔(むかし)も、箱根(はこね)を代表(だいひょう)する景色(けしき)といえるでしょう。
芦ノ湖(あしのこ)は箱根火山(はこねかざん)の中にあるカルデラ湖(こ:注1)で、標高(ひょうこう)724mに位置(いち)し、周囲(しゅうい)19km、面積(めんせき)6.9k㎡、最深部(さいしんぶ)は43.5mもあります。
芦ノ湖(あしのこ)が誕生(たんじょう)したのは、今から約3,000年前に起(お)きた神山(かみやま)の水蒸気爆発(すいじょうきばくはつ)による土石流(どせきりゅう:注2)が、当時(とうじ)仙石原(せんごくはら)に流(なが)れていた川をせきとめて、その上流(じょうりゅう)に水がたまり、湖(みずうみ)になりました。
芦ノ湖(あしのこ)の豊(ゆた)かな水は、江戸時代(えどじだい)に作られた深良(ふから)水門から取水(しゅすい)され、ずい道内(どうない)を通って、静岡県側(しずおかけんがわ)へ1日15万トンも流(なが)れ出(で)ています。この豊(ゆた)かな水は、周囲(しゅうい)の山々に降(ふ)った雨が浸透(しんとう)して地下水となり、芦ノ湖底(あしのこてい)から多量(たりょう)の地下水として湧(わ)き出(だ)しているものと考えられます。 また、芦ノ湖(あしのこ)には、その昔には湖面上(こめんじょう)に立(た)ち枯(が)れの大杉(おおすぎ)などが立っていました。この杉(すぎ)が湖面(こめん)に映(うつ)る姿(すがた)がちょうど逆(さか)さに見えることから「逆(さか)さ杉(すぎ)」と言われています。今では湖面上(こめんじょう)に杉(すぎ)は見られませんが、湖底(こてい)にはたくさんの大木や立ちあがった幹(みき)が確認(かくにん)されています。
(注1)カルデラ湖(こ)
カルデラとは、火山(かざん)の活動(かつどう)によってできた大きな凹地(くぼち)のこと。カルデラ湖(こ)とは、カルデラ全体(ぜんたい)または一部(いちぶ)に雨水(あまみず)が貯(た)まり湖(みずうみ)になったもの。
(注2)土石流(どせきりゅう)
土砂(どしゃ)が雨水(あまみず)や地下水(ちかすい)と混(ま)ざり、河川(かせん)・渓流(けいりゅう)などを流れくだること。
(提供:箱根町)


アクセス

代表的な見どころとして、県立恩賜箱根公園
箱根登山電車「箱根湯本 」駅から箱根登山バス「箱根町」行き「恩賜公園前」下車