箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

堂ヶ島(どうがしま)

Dogashima Valley

ジオサイト解説

芦ノ湖から流れ出る早川がつくる、急峻な渓谷の一部に位置する。その谷底には、約400万年前の火山活動によって噴出した凝灰岩からなる早川凝灰角礫岩が現れている。箱根火山の基盤を作っている地層の一つ。ここでは、この地層から温泉がわきだしていて、箱根の古い温泉の一つとなっている。箱根七湯のひとつ。
早川渓谷の谷底に位置する、静かなたたずまいの温泉場。室町時代の高僧・夢窓国師が閑居したという「山居山」が伝わり(現在は場所移転)、歴史の古さを物語っている。現在は二軒の温泉宿からなり、それぞれケーブルカー、ロープウェイで行き来できる。小説の舞台となるなど人気も高い。

Near Miyanoshita, at the bottom of a steep valley formed by the Hayakawa River, you can find rocks that were formed on the sea floor about 4 million years ago, long before the Hakone volcanoes appeared.
One of the “Hakone-nanayu” (the seven hot springs) flows from cracks in the rock.
A high priest name Muso-kokushi is said to have secluded himself near here (at Sankyo-san) during the Muromachi period (13th century), which indicates the long history of this area.

アクセス

箱根登山電車「箱根湯本」駅から
箱根登山バス「湖尻桃源台」または「箱根町」行き「宮ノ下」下車、徒歩15分

箱根登山電車「宮ノ下」駅下車徒歩約20分