箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

H11 須雲川(すくもがわ)

Sukumogawa River

ジオサイト解説

須雲川は、大きくみると河道が地質境界になっています。右岸(南側)は外輪山(※1)(成層火山(※2)形成期)の噴出物で、左岸(北側)は浅間山や屏風山などの前期中央火口丘(※3)および後期中央火口丘である二子山の噴出物が見られます。また、川沿いには基盤岩である須雲川安山岩(※4)類が露出しており、中流部ではマグマが岩盤を割りながら上昇してきた跡である「岩脈」を多く見ることができます。
須雲川村は、江戸時代初めの1671年(寛永11年)に近世村落として成立したもので、典型的な「間の村」の景観を示しています。指定通行人への松明の提供や街道整備のための人足の提供、箱根関所の足軽衆交代の際の人足の提供など、交通関係の賦役が多く、街道筋の「間の村」としての役割を担わされていた一方で、挽物細工なども盛んに行われていました。

 

※1 外輪山:カルデラを縁どる環状や馬蹄形の尾根状の地形。カルデラの火山とは無関係の地質でできている場合もある。

※2 成層火山:溶岩と火山灰(火砕物)が幾重にも層状に積み重なってできた火山。

※3 中央火口丘:カルデラの中にできた比較的小さな火山体のこと。

※4 安山岩:火山岩の一種。含まれる二酸化ケイ素の量が中程度(5362重量%)で、カリウム、ナトリウム含有量は比較的少ないもの。

Along the bank of the Sukumogawa River, near the Sukumogawa bus stop, you can see many upright tabular rock bodies called “dikes”; the dikes record the pathways of ascending magma, formed some 250 thousand years ago.
The average width of the dikes is 2.9 m, and a total of 215 dikes have been found, showing that the area widened about 650 m in a northeast–southwest direction on account of the intruding magma swarms.

<解説板の内容が閲覧できます>

日本語 / English / 中文(繁体字) / 中文(簡体字) / Korean

アクセス

箱根登山電車「箱根湯本」駅から
箱根登山バス「旧街道経由 元箱根」行き「須雲川」下車、徒歩10分