箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

H19 北条氏城郭ネットワーク(ほうじょうしじょうかくねっとわーく)

Network of Hojo Clan's Castles

ジオサイト解説

箱根火山はカルデラをもつ火山で、山体は外輪山、前期中央火口丘、後期中央火口丘の3つに大きく分けられる。北条氏の城郭ネットワークは外輪山にあるもの(塔ノ峰城、御所山砦など)と前期中央火口丘にあるもの(鷹ノ巣城、湯坂城)があるが、後期中央火口丘に作られたものはない。
箱根山は天然の要害でもあり、戦国大名北条氏は西方からの脅威に対し、箱根山中に築城した山中城(三島市)、足柄城(南足柄市)、鷹ノ巣城(箱根町・現在所在不明)の3城で守り切れると考えていた。このほかにも塔ノ峰城や湯坂城、御所山砦など、小さな城や砦が交通路に沿うなどして配されており、互いに連絡を取り合えるようネットワークが構築されていた。
The warlords of the Hojo clan constructed the fortresses of Yamanaka (in Mishima city), Ashigara (in Minamiashigara city), and Takanosu (location unknown) in the Hakone mountains, thus utilizing natural topographic features to give protection from threats from the west.
Smaller fortresses, such as Tonomine, Yusaka, Goshoyama, and Nebukawa, were also arranged in a network along the main road.

アクセス