箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

Ma3 岩地区(いわちく)

Iwa Masonry Area (in Manazuru)

ジオサイト解説

南側の平台は白磯溶岩がつくる溶岩台地で、海岸には江戸時代などの採石の痕跡が見られる。北側の海食崖には岩溶岩の断面とその下位の火砕丘が見られる。火砕丘の断面は如来寺跡の境内洞窟の内部で間近に見ることができる。
岩地区は白磯溶岩と岩溶岩の間の低地に形成された集落で、石工が多く住み民家の石垣などに様々に加工された石材を見ることができる。縁起物である鮑は特に武家には「打鮑、勝栗、昆布」の三肴のひとつとして貴ばれたこともあり、岩村と真鶴村の鮑漁は戦国時代の記録にも残されている。江戸時代には小田原藩主稲葉正則が岩村の鮑三二一貝を江戸の将軍に献上している。
The Iwa Masonry Area is located northwest of Manazuru Station; volcanic activity about 220 to 180 thousand years ago formed a cinder cone, which can be observed in a cave of the former Nyorai-ji Temple.
Many stoneworkers lived in this area, and their work is evident in the many stone walls of private homes in the area.
Hiradai, located in the south of the Iwa Masonry Area, is a highland created by a lava flow about 180 to 170 thousand years ago. The beach of the Iwa Masonry Area was highly deformed by quarrying in the 17th century. You can see the remains of Edo-period (17th century) quarrying on the beach.

<解説板の内容が閲覧できます>

日本語 / English / 中文(繁体字) / 中文(簡体字) / Korean

アクセス

JR「真鶴」駅より、岩行きバス「岩海岸」下車