箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

Ma5 しとどの窟(しとどのいわや)

Shitodo-no-iwaya Hidden Cave (in Manazuru)

ジオサイト解説

真鶴町真鶴港の近く、及び湯河原町北西に連なる城山にそれぞれある、源頼朝ゆかりの史跡である。1180年(治承4年)、石橋山合戦で平家に敗れた源頼朝が、これらの地にあった岩屋に身を隠し、箱根権現別当のもとに逃れた後、真鶴海岸から安房国へと脱出したと伝えられている。
岩屋の岩石は、真鶴町では真鶴半島をつくる安山岩質の真鶴溶岩であり、湯河原町では、城山をつくる安山岩質の白糸川溶岩である。2か所あることから、頼朝は房総半島へ渡るまでに、いくつかの場所に身を隠したのではないかと言われている。「しとどの窟」の由来は、追手が「シトト」と言われる鳥が急に飛び出してきたので、人影がないものとして立ち去ったと言われている。
This historic site near Manazuru Port is associated with Minamoto no Yoritomo.
After losing a battle with the Heike clan at Mt. Ishibasiyama in 1180, Minamoto no Yoritomo fled into the Hakone mountains, stayed in this cave, then escaped to Awa (south of present-day Chiba).
This sea cave was etched out by waves, and then lifted to its present elevation by the Great Kanto Earthquake.

<解説板の内容が閲覧できます>

日本語 / English / 中文(繁体字) / 中文(簡体字) / Korean


JR「真鶴」駅より、
ケープ真鶴行きバス「魚市場」下車