箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

小田原城と小田原用水(おだわらじょうとおだわらようすい)

Odawara-jo Castle & Odawara Irrigation Channels

ジオサイト解説

小田原城は箱根火山の山麓末端につくられている。付近の地層は箱根火山の約6万6000年前の大規模噴火(箱根東京テフラ)に伴う火砕流堆積物及びそれを覆う関東ローム層である。小田原用水は箱根板橋付近から早川の水を引いたものである。用水のルートは、小田原市内の沖積低地の自然の勾配を巧みに利用したものと推定される。
板橋の取水口から小田原城下を通り、浜町の江戸口見附で城外に流れ出ていた用水で、戦国時代の終わり頃には既に存在していたことが判明している。江戸時代も利用され続け、東海道の道の中央を流れ、家々に生活用水として分水されていた。小田原用水は現在も流れ続けており、取水した水は小田原城のお堀に流れ込んでいる。
Odawara-jo Castle was built by the Omori clan in the 15th century. Later, Hojo Soun (also called Ise Sozui) moved into the castle and controlled the region for about 5 generations, or about 100 years. At that time, the castle had dry moats and earth wall fortifications made of Kanto loam layers.
During the Edo period (17th century), Odawara-jo Castle was restored as a modern castle; stone walls were constructed of andesite from the Hakone volcanoes, and the moat was filled with water.
The Odawara irrigation channels (built in the 16th century) brought water to the castle from the Hakone-Itabashi intake on the Hayakawa River at the town of Odawara. The route of the irrigation channels is thought to have been decided by the natural slopes of the Odawara alluvial plains. Water from these irrigation channels still flows into the moat of the Castle.

アクセス

JR・小田急「小田原」駅より徒歩10分

箱根登山電車「箱根板橋」駅より
徒歩10分程度(小田原用水取入口)

説明板は板橋692番地
(駅より徒歩5分程度の場所)付近に設置

(参考)板橋松永記念館周辺散策図