箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

O4 根府川(片浦海岸)(ねぶかわ(かたうらかいがん))

Nebukawa (Kataura coast)

ジオサイト解説

茨木のり子の詩にも歌われた相模湾の眺めが美しい根府川駅だが、大正関東地震の際に駅裏の斜面が地滑りを起こし、駅舎と車両が押し流され200名が死亡した。南にある白糸川では、上流の山崩れに端を発した岩屑なだれが流れ下り、408名が亡くなった。この他、海岸で遊泳中の児童20名が岩屑なだれと津波の挟み撃ちになり命を落とした。
駅舎横の慰霊碑や、近くにある釈迦堂で当時をしのぶことが出来る。根府川の尾根伝いに断続的に「氏直の構」と考えられる戦国時代の土塁が残されており、江戸時代には白糸川岸に根府川関所が置かれ、小田原藩が警護するなど、当時は箱根火山が生み出した地形を生かした要害の地だった。また海岸に沿って、江戸城の石垣用に石を切り出した石丁場が開かれたため、安山岩を切り出す際にうがたれた楔穴(矢穴ともいう)の跡がある石が現在も点在している。

Several monuments in and around Nebukawa Station are reminders of the natural disasters and tragedies caused by the 1923 Great Kanto Earthquake, such as the landslides behind Nebukawa Station and the debris flow that ran down through the Shiraitogawa River south of Nebukawa.
Historical sites associated with Minamoto no Yoritomo, such as the Ishibashiyama battlefield and Sanada-Reisha Temple, are located along the route from Nebukawa to Hayakawa.

<解説板の内容が閲覧できます>

日本語 / English / 中文(繁体字) / 中文(簡体字) / Korean

アクセス

西湘バイパス石橋ICを降りて、国道135号線を南下。
白糸川手前の国道沿い両側に駐車場あり。
海岸側の駐車場階段より、海岸に降りることができる。

(参考)散策路:潮騒の駅根府川・江之浦漁港コース