箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

城願寺(じょうがんじ)

Jogan-ji Temple

ジオサイト解説

城願寺の周辺は、35~30万年前に活動した湯河原火山体の溶岩が分布している。この溶岩を採掘した周辺地域では最古の丁場があるとされている。境内にある土肥一族の墓所に置かれている墓石は、周辺に分布する湯河原火山体の溶岩のほか、中央火口丘の溶岩も使われているようである。古くは密教の寺院だったが、土肥実平の末裔兵衛入道(土肥真順居士)が清拙正澄の弟子雲林清深を招いて再建し、臨済宗に改めた。
鎌倉時代後期には五山十刹につぐ寺格である諸山に指定され、西相模地方では指折りの禅刹だった。しかし、土肥氏が追われ小田原北条氏時代になると衰退し、やがて大州梵守によって曹洞宗寺院として再興された。境内には土肥氏一族の墓所がある。
Jogan-ji Temple is the family temple of the Doi clan, who helped Minamoto no Yoritomo.
Here, you can see many kinds of gravestones. The temple is designated as the cultural property of Kanagawa Prefecture.
Originally, esoteric Buddhist rituals were taught in the temple; then, the temple became the Doi clan’s private Buddha statue hall, and later it became a Zen temple.
An 800-year-old juniper tree in the garden has been designated as a  natural monument.

アクセス

JR「湯河原」駅より徒歩10分