箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

第1回箱根ジオパークガイド養成講座を開催しました!

 箱根ジオパーク推進協議会では、平成23年8月より地域のガイド団体の会員
等を対象に講座を開催しており、このたび、平成30年度第1回のガイド講座を
開催しました。

<日時>
平成30年5月30日(水)14:00~16:15
 
<場所>
神奈川県小田原合同庁舎 3階EF会議室

<参加人数>
54名

<テーマ・講師>
「ジオパーク再認識」
 1.あらためて、ジオパークとは!
   ~JGCおよびJGNで議論されていること~
 2.箱根ジオパークへの期待
   ~地域の、地域による、地域のためのジオパーク~

 講師:平田 大二 氏 (神奈川県立生命の星・地球博物館 館長、
             日本地質学会ジオパーク支援委員会 委員)

<内容など>
  平成30年1月にガイドの皆様にアンケートを実施し、ガイド講座の内容に

 いて希望を伺いました。その結果、箱根ジオパークをガイドするにあたり必要

 な基礎知識を学びたいという意見が多くあったため、学術部会と連携し、基礎
 講座(座学)6つを2年間で実施するカリキュラムを組みました。
 

  今年度はその1年目として、3つの講座を実施します。第1回目となる今回
 は、生命の星・地球博物館の館長であり、平成29年度まで日本ジオパーク委員
 会の委員を務めた平田大二氏に御講義いただきました。
 

  講義の前半は、日本ジオパーク及びユネスコ世界ジオパークの組織体制や審
 査の仕組みなど、ジオパーク全体の概要や現状をご説明いただきました。
  後半は、箱根ジオパークの経緯や現在の活動について、また、過去2回の認
 定審査で指摘のあった課題についてお話しいただきました。平田氏からは「情
 報の共有が大切」「ジオパークになることを目的とするのではなく、地域活性
 化のツールとしてジオパークを利用すべき」などの助言や、「主役はあなたた
 ち」「地域の誇りを持って活動してほしい」などの激励の言葉がありました。