箱根ジオパーク

バナー
文字サイズ
小さく
標準
大きく

「塔之沢発電所と関連施設」が土木遺産に認定されました!

令和3年9月28日に公益社団法人土木学会から、令和3年度選奨土木遺産の発表があり、「塔ノ沢発電所と関連施設」が認定されました。

「塔ノ沢発電所と関連施設」は明治42年に建設され、当時最新の発電設備や国産技術を多用するなど、明治期における水力発電の基礎を作り、箱根の観光を支えてきた貴重な土木遺産として認定されました。

箱根では早くから自然再生可能エネルギーの代表である中小水力による発電が行われており、この発電所は、神奈川県内で稼働しているものとしては最も歴史が古く、風光明媚な早川の渓谷に溶け込み、これまで112年間にわたりクリーンな電気を生み出し続けています。

今回の認定により、箱根ジオパークのエリア内には、5件の土木遺産が認定されています。

・箱根地区国道1号施設群

・箱根登山鉄道

・荻窪用水と関連施設

・旧熱海線鉄道施設群

・塔之沢発電所と関連施設

現在の塔ノ沢発電所

塔ノ沢発電所の取水施設


いいね
Google Plus
Twitter
はてブ
LINEでシェア

 箱根ジオパーク推進協議会員

<
>